大手のネットワークに属さないからこそ

学校の授業のフォローアップや受験対策などのために家庭教師を雇う方法は個別指導を自宅で受けられるというのがとても魅力的な方法です。大手のネットワークに属している家庭教師を派遣してもらうのが一番安全で安心な方法だと考えられがちですが、必ずしもそうではない面があります。家庭教師派遣の場合にはどんな家庭とどんな家庭教師の間でもそれなりにうまくいく関係が続けられるように契約規定を定め、子供にもそれなりの教育効果が上がるように家庭教師に課題を課し、ご両親に不満がたまらないように時折アンケートなどを行うといった方法をとっています。こういった規定や報告精度は必要になることもありますが、かえってそれが邪魔になってしまうこともあるため、必ずしも万人に受け入れられやすい方法をとるのが最適な方法であるとは限りません。 一方で、大手のネットワークに属さない個人契約で家庭教師を行う人たちもいます。こういった人たちは独自の規定に基づいて契約を結びますので、比較的フレキシブルな対応をしてもらえるというのが特徴です。また、大手企業による仲介手数料などをとられてしまうこともないため、初期費用も月あたりの費用も相対的に低く抑えることが可能です。また、家庭教師に来てもらう時間や日にちなどを急であっても変更することが容易であり、いちいち企業に仲介して連絡してもらう必要がないため速やかに回答を得ることができます。こういった事情から、派遣企業を利用して採用するよりも個人で行っている人を捜した方がフレキシブルで低コストな家庭教師を雇える可能性が高いのです。ただし、質について問題視されることがあるのは事実です。特に研修や面接を受けているわけではないゆえですが、このことは大手のネットワークから派遣される人にもしばしば該当することがあります。実際に採用する際には人柄や能力の見極めが大切であるという点においてはいずれも変わらないということです。

↑ PAGE TOP