個人でやるには「プロ」意識がすごい

家庭教師を雇う際には大手のネットワークを利用して派遣してもらう方法と、個人契約で探す方法とが主な手段です。この際に、ある程度の平均値を越えていることを家庭教師の質に期待するのであれば大手のネットワークを利用するのが得策です。大手のネットワークでは主に学歴を使用した書類審査や面接によって登録されている家庭教師にふるいをかけていることが多く、それによってある程度以上の質が担保されるからです。一方、平均値にも達しないような人をうっかり採用してしまうリスクを抱えてでもプロ意識の強い有能な家庭教師を見つけたいと思うのであれば個人契約で探した方が可能性が高まります。これは、個人契約で行っている人の中にはそれで生計を立てようとしているほどの人もいることから、アルバイトで行っている人よりも有能である人材が紛れ込んでいるからです。 もちろん、大手から派遣される教師の中にもプロ意識を持っている人はいますが、登録されている家庭教師の大半はアルバイト感覚の学生であり、指導経験が浅い人が多数紛れ込んでいるという実情があります。また、プロ意識の高い人も、積極的に宣伝活動を行わずとも生徒が紹介されるので少し力を抜いていることは否めません。個人契約の場合にも学生が大勢いることは確かですが、プロ意識を持っている人の意識の高さは大手に所属している人とは差があります。これは、自力で契約先を探し出さなければ職を失うような状況に立って本業として家庭教師を行っているからであり、きっちりと実績を挙げて、高い評判を維持できなければ契約先を見つけることができなくなってしまうからです。さらに収入を増やしたいともなれば高い時給に見合うような仕事をする必要があり、契約を結ぶことになった生徒一人一人に全力投球を続けなければそれを達成することができなくなってしまうのです。こういった家庭教師がフリーで働いていることから、大手に登録されている人よりも有能である人材が見つかる可能性があるのです。

↑ PAGE TOP